おうさまのみみはロバのみみ

ネット上での木の洞

リズと青い鳥

liz-bluebird.com

公開初日に観てきた。 ぼくは文才がないのでネタバレを含んでいる内容となっている。 そもそもレビュー記事を見に来て「ネタバレすんな!」とか言われても困るところではあるのだが一応注意喚起する。

このエントリにはネタバレを含む内容が書かれている。

感想としては主人公2人の関係性とその変遷、その心情にシンクロするように変わっていく周りとの関係性などが綺麗に、そして丁寧に描写されていた。 …が原作をみているせいで少し消化不良気味に感じるところがあった、作品の評価としては正直イチャモンをつけているレベルなので気にする必要はない。

映画として今作は非常によく出来ていると思う。 どうしても響け!ユーフォニアムの劇場版はダイジェストになってしまうため、そこを敢えて作中の2人にだけ焦点を当ててしっかりと描き切ったと感じている。 またこの2人の関係性を非常に丁寧に、そして綺麗に書ききったなと思ったのが映画鑑賞後にまず覚えた印象だ。

ではどういう点に消化不良を感じるのか?というとこれはハッキリしていて、原作は「波乱の第2楽章」と歌っているようにさまざまな人間模様と関係、その一端としてリズと青い鳥ひいては鎧塚みぞれと傘木希美を描いている。 映画冒頭で2人の足音がズレていたのは関係性の不安定感を演出していたのだと思う。

つまり複雑な部活内での人間関係や変遷、その結果を非常にうまく心情を語っている。リズと青い鳥はこの波乱を象徴する2人の青春と成長、そして巣立ちを描いたものではあるのだがこの2人だけだとどうにもその屈託や胸を締め付けられるような痛みまでは表現しきれない部分があり、そのへんが消化不良気味に感じた要素だ。 それは原作でどうぞ、ということなのだろうと理解はしているがやはりそれあってこその第2楽章だという思いがあったので理解はできるが感情は別という感じだ。

原作の後半のとあるシーンで鎧塚みぞれがまさしく青い鳥のような羽ばたいていくことを想像してしまうワンシーンがあるのだが映画では(本編側のネタバレになるからだと思うが)その象徴的なシーンがカットされていた。 希美という存在からのみぞれが巣立つという印象的なシーンだったこともあり、とても素敵で好きなシーンなのだがカットされていて悲しかった…。 そこまで書いてしまうのはこの映画の構成では蛇足だと思うので納得感はあるのだが、どうしても原作厨なぼくとしてはあのシーンを入れてほしかったなと言う点で残念さを覚えた。

(詳しいことが知りたい人は原作読んでね!)

とはいえ、原作どおりに作るのがよいか?というとそれは違うとも思っていて、この場合は原作が非常によく出来ていてその印象に引っ張られてしまっているだけだと認識している。 映画単体でみても非常によくまとまっており、焦点を絞って切り出しただけにそれまでいまいちなにを考えているのかわからない2人のキャラクターが初めて受肉されたと感じた。

実のところぼくはこの映画の主人公であるところの2人、鎧塚みぞれと傘木希美のことがあまり好きではなかった。 特に「北宇治高校のいちばん熱い夏」の鎧塚みぞれが登場するシーンはごっそりなくてもよいのでは?と考えていたし、全体として非常によくまとまった話しの流れにあってその部分だけ文章の流れに淀みを感じていた。

ところがこの「波乱の第2楽章」によっていともたやすくその印象は覆ってしまった。 まさしく波乱というサブタイトルに相応しい内容だ。 嫌いなキャラクターが話しが進むと一変するというのは稀にあるのだが今作ほど綺麗に反転した例をぼくは知らない。 好感を抱いていたキャラが反転するのはままある、悪感情を植え付けるのは割りと単純だと思うがその逆は非常に難しいのではないだろうか?

そういう意味では本作は鑑賞後に綺麗な反転による爽快感を味わうことができると言える。 とはいえ、原作における名シーンがちらっとだけでも表現されることを期待していた節があるぼくとしては最後のほうが少々物足りないと感じた。 特にウザりぼん先輩こと吉川優子の男気あふれる名シーンが丸々カットされていたのは理由はわかるが残念だなと感じたので是非とも映像で拝見したいところだ。

今作は言わばスピンオフ的作品となっている、完全なスピンオフとも本編とも言い難いので勝手ながらリファイン作品と呼んでいるのだがその中で感心したこととして 本編の主人公である4人のキャラクターをあまり全面に出さなかったことがあげられる。

割りとありがちなのだが前作で人気のキャラクターを全面に出してしまうとどうしてもノイズになってしまいがちでその辺の匙加減が今作は絶妙だったなと感心しながら鑑賞していた。 とはいえ作品の性質上まったく出さないというのも逆に不自然なのだがそれをうまくモブ扱いしていたのが印象に残っている、いないわけではないがきちんと脇役に徹していると感じた点が好印象だった。

あと好印象だったキャラクターとして剣崎梨々花があげられる、原作でも登場するのだがみぞれとの対比がうまく描かれていたように思う。 結果を知っているのに思わず胸中で応援したくなる愛らしさがあり、うまく表現するなーと感心した。

作品そのものではないがHomecomingsというグループの曲も良かった。 当初情報が公開されたときは微妙にマッチしてないかも?と思っていたが劇場で実際に観たあとではうまく作品に溶け込んでいるなと感じた。 なんとなく2人の関係性のような儚さを観終えたあとで感じたのでリリースされたら買ってみようと考えている。

レビューというよりただの雑記になってしまったがこの映画は良い作品だった、アニメーションとして綺麗に心情とその変遷を描いた作品だ。 ユーフォニアム作品はいろいろと心の琴線を鷲掴みにする作品だと思っているのだがその中でも最も琴線を鷲掴みにしてきた作品を大胆に構成を変えて表現しており、続きが気になると思わせてくれた。

とはいえ主人公2人の経緯がわからない人にとっては置いて行かれてしまう感覚が残ると思う。 なので万人向けとは言い難いので知らないひとにはなかなかオススメしにくい。 あくまでもファン向けの作品かな?と思わせる。

ユーフォニアムは非常に豊かな心情表現が書かれており、それが作品の魅力なのだがそこからとある人物たちを抜き出してフォーカスした作品を作るとこうなるのかと感嘆した。 ユーフォニアム好きなひとにとっては普段とは違った切り口での表現を楽しめるのではないだろうか?

ところで劇場でみていて少し苛立ったことがあった。 横の席のかたがバーガーをガサガサゴソゴソと盛大に音を立てて食べていたのだ、時間が15時前の上演開始だったので遅めのランチを食べているのだろうと思って我慢していた。 そして、ようやく食べ終わったか…と思いきや2つ目を取り出して飲み物をズゾゾーと吸い出したときには「こいつ帰ってくれねえかな…」と本気で考えた。 とはいえ、食べている人に罪はないので自分がされて嫌なことは行わないようにしようと自戒するにとどめたいと思う。

映画好きな友人が映画館で上映中に飲食するやつに殺意がわくと以前いっていたときにはそんなもんかーと軽く受け流していたが映画を集中して観たいと思っているときにされると確かに殺意がわくなと改めて友人の思いに共感したし、以前読んだ増田で「映画館で飲食するやつに憤るやつ、そんなに嫌なら円盤買って自宅でみろ」という主張も正しいなと思った。 アクション映画とかなら気にならないんだけど…音楽が題材だったりするような作品ではやめてほしいなーというのが正直なところだ。

技術書典4のサークル名「底なし沼の魔女」の新刊をレビューしました!

技術書典4とは?

技術書の同人誌オンリーイベント。 それにしても2年ほど前に第1回を行ったと思ったらもう4回目なんですね、すごい…。

techbookfest.org

サークル「底なし沼の魔女」氏

著者であるところの底なし沼の魔女、こと@MegaBlackLabelさん(れいなさん)が出す同人サークルの名称。

告知Twitterは↓ みんな絶対来てくれよな!(なおぼくはいけません)

概要:

サークル主の@MegaBlackLabel 氏に唐突にレビューやらなイカ?と言われてホイホイついていった。マジでこれだけ。

このときのぼくの心境としては「レビューとかやったことないけど面白そうだからやってみたい」が3割。

「Reactわからんのでレビューできないのでは?という不安」が3割。

「本を読むのが遅いので迷惑かけそう」が4割り、という感じで当初は消極的だった。

んだけどまー貴重な経験だし、やれるときにやらないのは単純に機会損失以上に損だと思い直して受けることにした。 あとになって結果を振り返ってみるとなかなか良い判断だったのではないかと思う。

感想:

今回やってみてわかったことは大きく3つ。

  • 自身が疎い技術分野であってもレビューは可能
  • 疎い技術分野のレビューはレビュアーにとっても刺激的
  • 文章の校正をするためには文学的表現としての根拠が必要

ひとまず校正のFixは出来たかなと思っていて「人間やったらなんとかなるもんだな」って感じです。 そういう意味ではやってみて自分の中で良かったかなというふうに感じています。

コードや説明が正しいのか?という技術的知見からのレビューが出来なかったのが課題として残りました。 これは当初想定していたこととはいえ、改善しないとなあという気持ちになりました。

わかったこと:

レビューするスキルについて:

書籍として正しい指摘を行うということと技術的な指摘を行うということは全く別物。

レビュアーは技術的な面も文章的な面も両方のスキルを持っているべきだが、どちらか片方しかなくても校正という意味では十分戦力になる。 もちろん市販されている書籍などの場合は両方の知識と経験、バランス感覚などがよりシビアに求められると思うので 今回は同人誌ということでハードルが一般書籍ほど高くなかった(と勝手にぼくが思ってる)ので気持ち的に気楽に行えた。

また自分も多少なりとも貢献できている、できているといいなーという気持ちになった。

レビューする側としての根拠:

今回生まれて始めて他人の文章を校正することになったのだが「ここはこの表現のほうがいい」というときに「何故なら」の根拠部分を説明できず、単に「こっちのほうが好み」とか「こっちのほうが良さげ」という主観的なレビューになってしまった。

Whyを説明できていないということは説得できるなにかを自分自身で理解できていないということを痛感した。 自分のブログなどであれば、それでも構わないが書籍という衆目に晒す文章の場合、変更するにはそれなりの根拠が必要だなと感じた。 根拠が無いと単に表現方法について難癖をつけているような印象を自分に持ってしまって、レビューする側としてよくないなと感じた。

馴染みのない技術レビューは学びが非常にあるのでレビュアーにもメリット:

今回Reactというあまり馴染みのない分野のレビューをしたのだがこれが意外な効果があった。

というのも知識や経験が疎いのでわからない、知らないことが多々あり、「ここの表現で説明を省いてるけどこれは〜の理由から?」というように通常技術書を読むだけではなかなか得られにくいフィードバックを得られた。

また原稿が更新されるたびに何度も同じ文章を読み直したり、コードを注意深く逐一チェックしているのでなかなかこういう体験は単に技術書を読むだけでは得られないため レビューする側もレビューを通して学習しているのだなと感じていた。

連絡手段は複数あるほうがいい

最終稿のレビュー中にTwitterが落ちたり、Dropboxがその影響を受けたのか一部ページの取得によく失敗していたりした。 著者のれいなさんとの連絡手段がTwitterくらいしかないのでちょっと焦った。

もし次回があるならDiscordかSlackを用意しておくほうがいいかもしれない。 でもまー次回やるときもTwitterが落ちるとは思えないので気にしなくてもいいかも?とは思ってる。

改善しないといけないこと:

原稿の最終稿レビュー中にTwitterで障害がおきてDropboxTwitterでしか連絡方法がなく、どちらもサービスが不安定になっていたのでそれ以外の連絡方法を用意しておいたほうがよかったなと思った。 まさか最終稿レビュー中に発生するとは思わなかった&久しぶりの不調だった。

春眠暁を覚えずなシーズンだったのでだいぶ眠い状態でレビューしていてタイポなどを見過ごしていた箇所がいくつかあってきちんと睡眠取らないと駄目だねってなった。

まとめ:

ということで同人誌ではあるけども生まれて始めて書籍のレビューをするという貴重な経験をすることができた。 またレビューを通して得るものがあったので個人の体験としても非常によかったと感じている。 あとはレビューで漏れてしまった誤字脱字がないことを天に祈るのと2冊とも完売してくれ!(人∀・)タノムって感じです。

……ということを書いてる間に著者さまが頭おかしいことを発言しているのでマジ買いにいってあげてください、物理的負債はきついんだよぉ。

ふと思いついた職務経歴書OSSの改善案

luccafort.hatenablog.com

以前書いた#職務経歴書OSS化 の問題点とかはてなブックマークされたかたがいて 何気なく読み返していてふと思いついたのだけどGithubのコードとしてオープンにするのは難しい…という問題点に関してGithub Pages使えばいいんじゃないか?と思いついた。

Github Pagesなら一応限定公開できるし(招待制とかではないのでURL知ってれば誰でもみれちゃうけど)、Gitで管理できるのでまあいいんじゃないか?と言う気持ちがある。 とはいえ職務経歴書OSSと違って他人からのスキルに関するPRをマージする…みたいのはやりにくいかもしれない、できなくはないけども。

あとPagesの仕様から簡単に推測が可能であるという点もちょっとなあ…という気がしている。

この考えの改善策としては以下2つがあると思っていてここなんとかならんもんかなーと思ってる。

  • Github Pagesへのアクセスを許可制にしたい
    • Github Pagesが生成するURLには法則性があるので簡単に推測可能なのでそれが防げるなら別にアクセス制限はなくてもよい
  • 紙でくれって言われてもすぐに出力できるようにPDFで出力…というオプション機能がほしい
    • 技術書典なんかでPDF化する方法があったのでこれは出来そう

なんかもうちょっと工夫できればこの職務経歴書を手書きする問題を解決できそうだなーという気がしてきた。 多分最大の問題はGithub PagesのPrivateの仕様なんだよなあ…これさえ解決可能ならほかは割りとどうでもいい。

スーパーロボット大戦X

本業と副業とスパロボという時間配分に非常に苦労したがようやく昨日1日かけて進行した結果1周目をクリアした。 システム的にはほぼ前作のスパロボVを踏襲しているので新鮮さという意味ではマイナス気味ではある。 現在は2周目に入っているのだが概ね1周目で8割くらいはフラグ回収できてそうなので2周目はどちらかという異なる主人公でのストーリー埋めという印象がいまのところ強い。

総評:

システム面は概ね前作のVを踏襲しつつ、いい意味でブラッシュアップされていた。安定した作りと今までの系譜をきちんと受け継いでいる点は良かった。 話数的には少々物足りなかったなと感じるところがある。

終盤にかけて無理やり畳み掛けてきたな?と感じるところや駆け足だなと感じるところがちらほらあったのでそこは次回作で改善してほしい。 ここ最近のスパロボに共通していることではあるのだが複数の異なる世界を行き来したりと雑なストーリーが非常に残念だなと感じた。

総評としてだが、上でも書いているがストーリーに関する不満が今作は強い。 今作以外にも複数の異世界を行き来する作品はあったがその中でも今作は酷い部類に属するように感じた。 反面、システムやゲームバランスは前作のVよりもよかった。

満足点:

TacPで買える強化パーツだが今作はVと違ってハロが出るまでが長かったことでハロの重要性が増した感があり、前作ほど全機体が装備している感がなかったのは良かった。 やはり前作でそのあたりが問題視されたのだろうか?バランス調整に関しては「ちょっと苦労する部分がある」という感じでほどよい印象がある。

ゲームバランスがほどよい感じで好感が持てる。 前作ではヤマトが強すぎるという現象があったのでそういう意味ではその部分の是正はかなり行われたなと感じる作りになっている。 今作にもバランスブレイカー的な存在はいるものの絶対数は少なかったかなと思う(周回プレイしたら多分また感想が変わると思うが)

ビギナーズモードでSRポイントが入手できなくなったのはよい変更だったと思う。 一方でエキスパートモードでのSRポイントの取得条件が変わってしまったのはちょっとどうかな?という気持ちがある。

エキスパートモードは往年のスパロボファン向けということだったので周回プレイ解放&SRポイントの取得条件をより難しいものに…で良かったと思う。 エキスパートなのに条件自体が軟化してしまったのはどうなのだろうか? あるいはエキスパートモードの場合引き継ぎ資金やポイント、強化パーツに制限がかかるなどでも良かったかもしれない。 このあたりは次回作で改善されてほしいところではある、ノーマルとビギナーに関しては今作のままでよいのではないかと思ってるのでエキスパートだけ案を練り直してほしい。

不満点:

やはりストーリーが弱くこれだけ多くの作品が関わるとどのシナリオをベースとするか?だけでも難しいものがあるのはわかるがここ最近ストーリーのまとめ方が雑に見受けられる。

とはいえシナリオライターの方が毎回毎回同じようで全く違う味付けを強いられていることも容易に想像できるので難しいと思うが安易なストーリーに逃げないで欲しいというのが正直な感想だ。 正直な気持ちで語ってしまうと「昨今のなろう系ラノベ小説に溢れているような安直なストーリーだ」と感じた。 前作のVは同じ異世界に行き来するタイプのシナリオではあったがシナリオの骨子に宇宙戦艦ヤマトがあったからか、非常によくまとまっていたという印象があるのでもう少しシナリオに力を入れて欲しいなあと思う。

ルート的な問題なのかもしれないが「このキャラ/シナリオはこれで終わりなの?ちょっと淡白すぎないか?」と思うところがいくつかあった。

出してほしかったなーという意味なので非常にバイアスが高いのだがGのレコンギスタではなく鉄血のオルフェンズを出してほしかった。 今作であれば獣の国の一派として出せたんじゃないかなー?と思っていたのと脳筋ガンダムをみたかったというのがある。 フミタン生存ルートを何卒……。

主人公&主人公機のデザインがいまいち。 キャラデザやオリジナルマシンデザインが今作はいまいちで愛着を持ちにくかった。 唯一オリジナルで気に入ったのはホープスのキャラクタなのでオリジナルのキャラデザをαくらいまで戻してほしいなーと感じる。 ひと目見た感想が「綺麗すぎる」だった、スパロボのイメージという意味では少女漫画にでてきそうなキャラデザはちょっと違和感がある。 …と思う一方でこれはいままでのスパロボをやってきたからかもしれないとも感じている。

システム面での新鮮さにかける 前作Vをプレイしているせいではあるし、全体的にはシステム面は高評価をしているのだがこれだけは如何せんどうしようもなかった。 新鮮であればいいというわけでもないし、安定したシステムだった点を勘案するとプラス収支だったので仕方ないのかなとは思っている。

まとめ:

全体的には前作のVよりも評価が1段落ちる。 とはいえシステム面やバランスなどは前作よりも良くなっている部分がある。 最近のスパロボはストーリーが雑になってきたように感じることが多くて残念なので次回作ではストーリーにしっかり予算かけていいものに仕上げて欲しい。 複数異世界から来るのがシナリオ的に破綻せず楽なのはわかるけどね、さすがに連続しすぎていて食傷気味。

あと次回作では鉄血のオルフェンズを何卒〜 :)

開発環境を整えた@物理

具体的になにしたか?というと物を買ったぞ!というだけなのだけど思ったよりは良かった。

買ったもの1個目:

www.kickstarter.com

元々はKickStarterかなにかでみていて「おー!?これいいじゃん!」と思っていたのだけど値段に尻込みしてそのときはスルーした。 …んだけどその後やっぱりLaptopだけで作業していると首が痛いな?と感じることがあったので思い切って購入。

実際に導入してみたけどかなりよくて個人的に気に入っている。 購入前はもっとチープな作りなのかな?と思っていたが想像以上にしっかりと作られていたので安心して使えている。 会社用と自宅用が欲しいくらいにはお気に入り。

買ったもの2個目:

Apple Magic Trackpad 2 MJ2R2J/A

Apple Magic Trackpad 2 MJ2R2J/A

はい。

電池式のやつは以前いた触ったことがあったのだけどいまいち馴染まず使わなかったという経緯があったので買うかどうか非常に悩んだが買ってよかったといまでは思っている。 Bluetoothでの接続ということで干渉やレスポンスの遅延を心配していたがいまのところそういった悩みとは無縁な環境で使用できている。 電子レンジを使うようなタイミングでの使用をしていないのでそのへんがチョット心配ではある。

しかしこのトラックパッド非常によいのだけど何故ライトニングケーブルなんだろうなあ…USB-Type Cのほうがよかったんじゃない?

高かっただけあってめっちゃよいぞ。

お値段はそこそこ投資した感があるけどその分の価値がありそうな感触でいまのところ投資してよかったなという気持ちです。

おまけ:

クソデカだこれ(当たり前)

ところでPS VR買いました。 いまのところ遊びたいゲームがないのが問題ですがコンテンツとして面白いな!という新鮮な気持ちでいます。 どれだけ続くかわからんけども。

BAR ノスタルジアにいってきた

retty.me

森見登美彦のアニメ有頂天家族の朱硝子のモデルになったお店…ということで行ってきたのだがめちゃくちゃ良かった。

のむぞ!

ぼくはお酒がほとんど飲めなくてあまり飲みにいくことがない。 なのでバーとかに行ってみたいけど敢えていくのはなーとあまり縁がなかった…という前提がまずある。

そんな折にふと三条近くで昼ごはんを探していたときに良さげな雰囲気のお店を発見、それがBARノスタルジアだった。 たまたま気になったのでメモを取ろうと店名で検索したところ有頂天家族のモデルになったお店だということが判明しこの度凸ったという経緯だったりする。 有頂天家族のモデルになっていなかったらもしかしたら行ってないかもしれないのでこれもご縁ということでしょうか。

有頂天家族の朱硝子のモデルになったお店に来たぞ、うおー!

一番お気に入りなのが偽電気ブラン(飲みやすい…という点ではそのあとに飲んだ「下鴨弥三郎」のほうが圧倒的に飲みやすかった)で、非常に気に入った。

偽電気ブラン飲むぞ!

弁天さまだー!

下鴨弥三郎頼んだら狸鍋にされててウケる。

弁天飲むぞ!(これでラスト)

そんな感じで聖地巡礼していたら店員さんが気を利かせて森見登美彦が直筆サインしたメニューを持ってきてくれて写真いかがですか?と来たもんだ。

森見登美彦直筆サインのメニュー出してもらえた、めっちゃ嬉しいんですけどおおおおおお!!!

ということでお酒も美味しかったのだけどそれ以上に雰囲気と気遣いが嬉しいお店でした。 お酒のおつまみとして頼んだイチジクとベリーのドライフルーツもほどよく甘みが凝縮されていてとてもお酒と相性が良かった。

純粋にもう一度行きたいなと思えるよいお店でした。 普段あまりお酒を飲まないのでお酒の良し悪しはわからんが非常に楽しめました、三条からわりあい近いので交通の便が良いという意味でもいいですね。

snobby-fmはじめました。

やったこと

houka-go-projects.github.io

去年末宣言したとおりpodcastやるぞ!という話をしてましたがこの度ようやくiTunes Storeに登録できました 🎉 現在ep0からep.2まで収録しており、今後も継続的にやっていきたいなと思ってます。

わかったこと

podcastの一人語り難しい。 特に話しながら考えていたりするので矛盾する発言をしていても気づきにくかったりするし、自分の考え以上のものが出てこないのでいまいち会話にならずつまらない。 特にアフターショーが難しくてアニメとかゲームの話をしようとするとどうやってもネタバレをどう避けるか?みたいな話しになるのだがそれを考え始めるとクソみたいな感想しか出なくてつらい。

収録現場を用意するのが難しい。 外部の音が入りにくい無音な環境というのが難しい、いまは深夜に周りが寝静まった時間帯くらいに収録しているがそれでもノイズというか外の音が入ってしまう。

トピックの切り替えが下手すぎる。 rebuildfmのmiyagawaさんとかめちゃくちゃ自然に会話を切り替えててすごい。 今後この部分はSE入れるとかで切り替わったよ!というのを明示的にしたい、口頭で「じゃあ次!」とか人類がやるべきことでないと思う。

次やること

podcastやはりクソエモみたいなマネジメントや書評レビューやブログエントリの感想をひたすら喋っててもあんまり楽しくないし面白くないのでは?と思っているのでTechな話を最低でも3割くらいは喋れるようにしていきたい。

まとめ:

ゲスト収録してみたいと思いつつも準備とかが大変そうで自分のモチベーションが保てなさそうという問題をどうにかしたい。 どうでもいい情報ですがartwork画像はぱくたそから良さげな画像を使わせてもらってます、感謝。