読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうさまのみみはロバのみみ

ネット上での木の洞

久しぶりに日系パワハラの人の8コマ漫画見た雑感

上司「転職してもお前なんか通用する訳ない」←これ嘘だから http://nikkeiph.com/falsehood/

久しぶりに日系パワハラの人のブログをみて思ったんだけどもブコメでは長すぎて収まらないためこっちに書いておく。
んで、そのブログの件だけどもこれある意味では上司の言うことに一理あると思うんですよ。
(みんな「はぁ?なにいってんのコイツ」と思うかもしれないけども……。)

というのもボクが経験した会社(といっても短期アルバイトだったんだけどね!)の中でいわゆるこういう発言をした某元国営な郵○な企業があって、
その時「これは君のためを思って言うのだけど、この程度の仕事も出来ない人間が他のところで働いてもやっていけるとは思えないよ。」と言われました。
元々短期アルバイトだったし、期限が来たので辞めるという話をしにいっただけなんですけどね!
とはいえまだ当時社会に出ていなかったこともあって「俺はあかんやつなのかもしれん…」みたいに思ってた部分が多少なりともあったりして
1日6時間寝てたのが1日8時間寝るようになってしまいました、どうしてこうなった。

結果からいうと辞めたことは全くもって正しかったのだけど当時の働きぶりというか実力が辞めた後と辞める前で明らかに違ったんですね。
後者のほう前者のほうが同じようなことをしてるのだけども明らかに効率が良かったわけです。

これはなんでかというと上記のような会社は働く人を威圧するような空気であったり、萎縮させてしまう何かが存在していて
そんな状況で同じことをやったとしてもモチベーションが上がるわけもないので嫌々仕事をやることになってしまい、
結果本来の実力的にはもっとやれるのだけども全然その能力を発揮できずにいるというわけです。宝の持ち腐れですね。

なので、その段階における上司の「どこいってもお前なんか通用しねえよ」というのはある意味では真なのです。
ただ、それは萎縮して能力が発揮できない状況における状態しか上司は知らないからこそ言える発言であり、
こういう発言が出てしまう会社というのは総じてなにかがヤバい状況であるのかなと思います。
それにこういう空気の会社で仮に10年働いたとしても多分萎縮した中でしか能力が伸びないので
あまり個人としては成長出来ないのではないかなぁと思います、ボクはそういう空気の会社は嫌なのでさっさと辞めてしまいましたが。

会社と個人の相性が事前にわかるとか出来ないんですかね、世の中こんなに便利になったというのに…。

雑感:
好きにしろってよ!