読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうさまのみみはロバのみみ

ネット上での木の洞

「男女の友情は成立しない派の意見 - ポジ熊の人生記」に対する成立する派の意見

www.pojihiguma.com

基本な思想としてはブコメで語ったこと以上のものはないのでそれをまとめとしておく。

まとめ

男女間の友情に関して結論はないという結論

男女の友情は成立するか否か?は随分と昔から議論というかお互いがお互いに言い合ってただけで多分一生結論は出ないと思ってる。 ならば何故、件のブログに対して反論する形でエントリを書いているのかというと実に簡単で、答えが出ないとは思ってはいるが自分の考えに対する穴を見つけておきたいというまぁ随分と利己的な考えからだ。

友情と恋愛感情(あるいは欲情)は近しいが別の感情

まず成立しない派の意見としてあるのが男女を意識してしまう、肉体関係を好むと好まざるとに関わらず持ちたいという欲求でてくる…というものであるがこれは正しくその通りだと思う。 人間が雌雄ある生物、動物である以上、当然の欲求だとも思う。

しかし、それを持ってして友情は成り立たないというのは些か乱暴な理論ではないかとぼくは愚考する。

確かに近しい年齢の異性に対して愛情や欲情することは自然なことだとボクも思う、だがしかし友情の進歩した先に愛情があるのだろうか?とぼくはいつも思うのだ。 ぼくの考えでは友情と愛情はそもそも別のラインを走るものであり、近しい距離にあり相互に作用こそすれど別物であるという結論だ。

並行する線路のレールのように途中で合流することはあるかもしれないがそれ自体は異なるのだから一緒くたに語るのは筋が違うだろう、と。 恋愛感情や欲情を抜きにして友情を語らないといけないことなのだろうか? 友情から愛情に発展することはままある、であるならば愛情から友情に発展することとてないとは言い切れないではないか。 離婚した夫婦や別れた恋人が適度な距離を保ちつつ、友人、あるいは良き隣人としての友情を育むこともないではないと思う。

そうであると仮定したときにやはり友情と恋愛感情は別物であるといえはしないだろうか。

但し同性同士の友情とは異なる形にはなる

但し異性間での友情と同性間での友情は明確に異なるものだと主張させてもらう。 これは当然↑で主張したようなセクシャリティーな魅力を感じることに起因する。 LGBTのような同性間での恋愛感情もあるだろうが少数派ということと本筋ではないことから今回は除外させてもらう。

これはボクの勝手な考えなのだけども男性と女性は同じ生物ではあるけども別の種族だと捉えている。 え、どういうこと?となる人もいると思うがそのことを前提として念頭においておいてほしい。

その上で異性間での友情について語ろうと思う。 まずぼくは同性との友情と異性との友情は全く「同一のものにはならない」と考えている。 恐らく成立しない派の多くはこの「同一のものにはならない」ということを重要視しているように思える。 そこで先程の前提に戻ってくるわけだ。

つまるところ、男女の友情というのは極端にいうならば異種族間に置ける友情であるといえると考える。 同種族ではないので当然作法や考え方、感じ方が異なるというのは自明の理だろう。 そこに同種族に対する友情を当てはめて相違性を語るのは筋が悪いのではないかと思う。 誤解を恐れずいってしまうなら男性と女性では友情における単位が異なるのだ、同じものを測るにせよそれがリットルという単位なのかキログラムという単位なのかでは意味が異なるだろう。 当たり前だそもそも尺度が異なるのだから。

だがしかし、計測しているものは同一であることから成立の有無といった、この手の問題が起こっているのだとぼくは考えている。

男女の友情が成立するか否かは違いを認めるか否かの問題

そうすると成立しない派は男女における友情の差異を認めない、同一であるべきだと主張する一派と仮定できる。 全ての人がそうであるとは全く思わないが、ぼくがいつも成立しない理由を述べている人の持論で引っかかるときにはだいたいこれらの条件を満たしているように思う。

なにがいいたいのか、問題はそこだ

結局のところなにがいいたいのかというと件のエントリを引用させてもらいますが

異性と二人っきりで遊びに行く場合に恋愛感情なしで割り切ってお付き合いできている人がどれくらいいるんでしょうか?参考までに聞かせてほしいところですけどね。

そもそも割り切る必要性がない、これまた身も蓋もない結論だということです。 人間が生物である以上、歳の近しい異性と2人きりでいれば兄弟姉妹(特殊な人は除く)でもなければまぁ多少なりともスケベ心が生まれてしまうのはもう仕方ないことです。 であるならば、それも含めて友情と仮定してしまうことのほうがいいのではないかなと愚考するのです。

畢竟男女間の友情が成立するか否かというのは人によってマチマチであり、それが正しいか否かを検討すること自体がナンセンスなんじゃないかというのが今回辿り着いた結末です。嗚呼、身もふたもないですな。

ぼくもこの意見には全く同意でして、恐らく成立する派・成立しない派双方の共通認識ではないかなと。 つまるところ、まぁこの内容は駄文以外のなにものでもなくチラシの裏に書いてろ的内容であるわけで…ええつまりはポエムです。

それにまぁなんでもかんでも恋愛だのなんだのと考えて人と付き合っていくのは疲れるし面倒ではないか。 それならば下心を認めつつも友人としての付き合っていきたいとぼくは思う。